自社内で対応するコストを大幅に減らせる

テレホンショッピング、テレビショッピングの会社ではコールセンターを自社内で持っています。テレビ放送などがあればすぐに電話が鳴り始めます。通販などでも電話から注文を受けるケースが多く、これらの場合は自社でコールセンターを持つ意味がそれなりにあります。会社の中核部といってもいいかもしれません。一方、商品販売やメーカーなどでもコールセンターを持つ場合があります。これらの会社では商品の問い合わせ、トラブル対応を目的としたセンターです。重要性は高いものの、中核とは言えません。この場合にコールセンターのアウトソーシングの利用が有効になるでしょう。外部の専門サービスを利用すれば、自社内で担当者やスペース、設備を用意する必要が無くなります。

情報の有効活用が可能になる

会社にとってつらい情報としては、トラブルやクレームになるでしょう。問題のない製品で出たりしますし、欠陥がある製品からも出ます。これらの情報はうまくフィードバックできれば、将来の製品開発に役立てられます。しかし、ただ応対するだけだと、その場限りになります。せっかくの情報が使われません。クレーム対応などのコールセンターをアウトソーシングすると、情報の有効活用ができる場合があります。対応と同時にデータを入力してもらっておき、それを蓄積できる場合があります。アウトソーシングを受ける業者は、データを蓄積するツールなどを持っていますから、一から開発する必要はありません。貯められた情報を利用して、製品開発などに生かせます。

ECサイトの構築をするメリットとして、通信販売を本格的に推し進めるうえで、ターゲットの顧客にアピールしやすいことがあります。