ネットワーク監視とは

企業や組織において情報通信などのネットワークは必要不可欠なインフラで、365日24時間の利用が一般的でありその企業の営業時間以外にも外部や顧客からwebサイトを通してアクセスが行われています。一瞬でもネットワークにトラブルがあったりダウンしてしまうと大きな問題や損益に通じることがあるので、正常にネットワークが稼動したり維持するためにネットワークを監視する必要があり非常に大切な業務です。ネットワークを監視するには関係する機器や通信トラフック・各サーバーなどを監視し、性能が低下したり障害などの発生を管理者に素早く連絡し迅速且つ適切な対策を立て処置しなければなりません。

ネットワークにおける監視項目

ネットワークの監視項目としてハードウェアの状態を監視する必要があり、対象機器のコンピュータ使用率やメモリ使用率などを監視したりハードディスクの使用率やプロセス数などのリソースも監視し、ハードウェア面で障害が起こったり異常事態になることを防ぐことができるようになります。サービスプロトコルを監視したり、正常な稼動状態を維持するために応答時間なども適切かどうか監視するのも大事です。トラフィック量を監視することも重要でネットワーク機器やサーバーなどのトラフィック量を見て、問題の見極めに利用し素早いサポートを行います。「TRAP」という通知をオートマチックに送るシステムがあり、この通知を日々チェックするのがTRAP監視と呼ばれるものでこれも重要な監視項目です。

最近では、日本でもサイバー攻撃や情報漏えいの危機にさらされています。ネットワーク監視はそのような事件を未然に防ぐ事ができます。